ユーロの換算を行うには銀行などの金融機関が妥当。ただし換算するのに手数料が必要。

スポンサードリンク

ユーロ換算をおこなうには、銀行が妥当かもしれませんね。銀行以外でもその他金融機関にて換算することができます。
ただ銀行などの金融機関は、換算するのに手数料
かかってしまいます。 また最安値のときに換算してしまうと損することが多々あります。そうならないためにも、一度、銀行や大黒屋などで調べてみることをおすすめします。

最近ではインターネットで簡単にユーロ換算を計算してくれるサイトもありますから、そういった場所で計算してみるのも手かと思います。やっぱり換算してもらうなら最高値で交換してもらいたいものですもんね。 1ユーロの値はトラベラーズチェックに交換しても値段が違ったりしますから、やはり一度1ユーロにつきいくら交換してもらえるのか
調べる必要がありそうです。

金券ショップ大黒屋ですとユーロをはじめUSドルやカナダドルなどの為替レートを随時更新していますから、チェックしてみると良いでしょう。ただ為替レートは各店舗によって異なりますので、大黒屋だけでなくチェックしている金融機関はすべて把握しておくと良いかもしれません。 ちなみに日本銀行で換算換金すると、公示仲値+4円が最安値レートとなっており、三菱や三井住友、ゆうちょなども+4円最安値レートとなっています。

先ほど紹介した金券ショップの大黒屋は最安値レートが+3円となっています。またトラベラーズチェックもありますが、
トラベラーズチェックで換金・両替する場合は換金手数料に注意必要があります
それらを両替するには、銀行やゆうちょなど金融機関を使用するのが当たり前ですが、どこも手数料がそれなりにしてしまいます。
できれば手数料安いところで交換してもらいたいものですよね。

手数料に関しては両替可能な金融機関を調べ電話やメールを使って問い合わせしてみると良いかと思います。
そのときに分からないこと、聞きたいことなども質問しておくと安心です。

SPONSORED LINK


金券ショップの大黒屋なら手数料がかからない

金券ショップ大黒屋でしたら来店するだけでなくインターネット上でも両替を受けつけていますから、
直接足を運ぶ時間がないという方は利用してみてはいかがでしょうか。
大黒屋では面倒な手続きも要りませんし、手数料もかかりません

また硬貨の両替ができるのもうれしいですね。
インターネット以外にもFAX注文や電話注文も可能ですから、自分の好きな方法で注文してください。

ただインターネットを使うのは不安という方や直接足を運びたいという方は銀行や郵便局に行くしか手はありません。
一番手数料の安いところを選んで両替してもらいましょう。
近場にあるのでしたら、成田空港でも手数料無料両替してもらえるようです。

スポンサードリンク